メインイメージ画像

ソフトウェアをクラウド化することのメリットとはなにか

情報処理の技術は大事です。最初にクラウドコンピューティングとは雲の向う側にある世界の巨大な情報処理施設を運用、提供する技術の総称で3つの大きなタイプに分けられます。SaaS、PaaS、IaaSこの3タイプで順にソフトウェアサービスを提供、プラットフォームのサプライ、インフラストラクチャを提供するサービスの類別があります。



新たなビジネススタイルとしてソフトウェアのクラウド化をオファーして、自社のソフトウェアを目あたらしいクラウドサービスとして利用するお客様が増えています。自社ソフトウェアを新たにクラウドサービスとして提供をし始めるには時間と費用がかかりすぐにスタートすることは不可能です。

ソフトウェアをクラウド化するメリットは多くあり今まで色々築きあげてきたノウハウや自社開発のソフトウェアをクラウド化して提供できることと、わずかな初期投資でクラウドビジネスが始めることが出来、他者のクラウドサービスを取り入れて販売しなくても、独自のサービスとして提供出来る、この3つが主なメリットです。

また管理画面の高速動作や、サーバー配信の利用、サーバーのメンテナンスなんかの監視が不要といった特長もあります。加えてクラウド基盤は、OSはMicrosoft Windows Serverのため安定して動いていますし、インターネットへ接続可能な環境さえあればいつでも同じサーバーを利用できる事、他社クラウドサービスとは異なり、クラウド接続ソフトやセキュリティソフトが標準でセットとなっているクラウド基盤を提供する企業の場合もあります。

各メーカーによって色々なサービスと提供があり、1ヶ月無料トライアル体験や料金面で安心の月額制を導入しているクラウドサービスもあります。

自分自身で用意したサーバーにインストールして使うソフトウェア版と比較してみてもソフトウェアのクラウド化ができるなら導入方法からメンテナンス、テクニカルサポートにもお客様が行う事は全くなくて著しく料金体系に大差がありますので初期投資のリスクをかなり抑える事ができるのが最大のセールスポイントです。

更新情報